記事一覧

いい睡眠でホルモンカアップ

睡眠不足になると二キビや吹出物、目の下のクマなどが気になるかと思います。この原因は肌代謝(ターンオーバー)が乱れるから。健康な肌は約28日周期で新しい肌に生まれ変わります。しかしこの周期が遅れると、古い角質が残ったまま肌の表面が固くなりシワやくすみの原因になります。さらに肌代謝は眠っている間に行われます。特に活発に肌代謝が行われているのが、眠りについてからのおよそ3時間の「ノンレム睡眠」の間です。ノンレム睡眠とは夢などを見ていない「深い眠り」のことで、この間に肌代謝を促進する「成長ホルモン」がさかんに分泌されるのです。

成長ホルモンの分泌は20歳ぐらいから徐々に減少してしまいますが、若さを保つためには、なるべく自分の体から成長ホルモンが分泌されるようにぐっすり眠ることが大切です。米国の研究によると平均睡眠時間が4時間以下の人は7時間以上の人に比べて73%も肥満になる確率が高いそうです。また別の研究結果では、睡眠時間が短いといつもより20%も多く食事を摂ってしまい、しかも甘いものや塩気の多いもの、炭水化物など太りやすい食品を好んでしまうとのことです。このように睡眠不足によって、太ってしまったり、糖化が進んでしまったりする危険性もあるのです。

ホルモン不足による肌老化を予防するには、睡眠をしっかり摂ることが重要です。夜型の生活を続けている人、睡眠時間が短い人、途中で目が覚めてしまう人などは、ぐっすり眠れるような生活習慣に換える努力をしましょう。運動も成長ホルモンの分泌を促進することがわかっています。軽い有酸素運動と一緒にダンベル体操やスクワットなどの体操を加えて、毎日少しでもいいので運動を行うことが大切です。食事のバランスも大切です。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることで、注目を集めています。

肌老化はなぜ加速するのか、原因をチェック!④

⑤ホルモン不足
ホルモンも若々しい美肌づくりには欠かせません。美肌に関係するホルモンは大きく分けて2つ。「成長ホルモン」と「女性ホルモン」になります。成長ホルモンは肌の新陳代謝を活発にしてくれるだけでなく、血行を促進したり、糖や脂肪の代謝も活発にします。肌に栄養を送り込み、老廃物を取り除き、糖化による老化物質の発生も抑制する可能性があります。ところが成長ホルモンの分泌は15歳くらいでピークを迎え、20歳を超えると減少し続けて、40歳ぐらいになると10代の頃に比べて、約4分の1程度しか分泌されなくなります。

女性ホルモンの「エストロゲン」は「美肌ホルモン」と言われるほど、美肌づくりと関連性が高いと言われます。月経後や出産直後の女性の肌がキレイなのは、この時期にエストロゲンの分泌が盛んだから。エストロゲンは肌の新陳代謝を促進して、美肌を維持してくれるのです。もうひとつの女性ホルモンである「プロゲステロン」は女性の体を妊娠状態に保つ作用があるため、水分を溜め込んだりしてむくみやほてりなどを起こしますが、皮脂の分泌を促進して肌や髪に潤いやつやを与える美肌作用もあります。成長ホルモンも女性ホルモンも脳がその分泌を司っているため、加齢による減少のほかにも、ストレスや疲れ、睡眠不足など、生活習慣が乱れると、分泌量が減ってしまうので注意しましょう。

肌老化はなぜ加速するのか、原因をチェック!③

③血行不良
冷えや運動不足、ストレスなどで血液やリンパ液の流れが悪くなって、顔色が青く暗い感じに見えたり、茶色っぼくなったりすることがあります。これは肌の細胞に酸素や栄養を運んでくれる血液の涜れが悪くなり、肌が酸素不足・栄養不足に陥ってしまうのが原因です。こんな状態が続くと、肌の新陳代謝が遅れて、健康な新しい細胞をつくり出すカが落ち、肌の色もくすんでしまいます。肌にたまった老廃物や汚れを運び出してくれるのも血液とリンパ液の役目。リンパ液は水分の調節と老廃物の運搬という重要な役割を担っています。血液やリンパ液の循環が悪いと、肌の細胞が栄養不足になり、ターンオーバーが遅れて古い角質が残り、透明感のないくすんだ肌に見せてしまいます。

酸素をたっぷり含んだ血液中のヘモグロビンは鮮やかな赤い色をしており、この色が健康的なピンク色の肌に見せるという意味でも血流は大切です。ストレスや緊張が強いと、交感神経が働いて、血管が収縮して血行が悪くなりますから要注意です。血行不良を予防するには、肌を冷やさないように心がけることが重要です。適度な運動やマッサージ、入浴などで血行を促進しましょう。最近、血行をよくする方法として炭酸水を使った美容法が注目されています。炭酸水で洗顔をすると、炭酸の泡が肌に触れて血管が開き、血流がよくなるというものです。エステサロンで取り入れているところや、炭酸を使用したパックも市販されています。こうした方法をスペシャルケアとして取り入れるのもよいでしょう。

④糖化
甘いものの食べ過ぎも肌を早く老化させる危険性があることをご存知でしょうか。それが「糖化」という現象で、タンパク質に糖が結合することを言います。ちょうど砂糖水を煮詰めるとカラメルになるのと同じで、肌にある美肌タンパク質に糖がこびりついてしまうと、茶色くくすんで、固くなり、弾力性もなくなってしまいます。糖化が進むと肌の弾力が失われ、たるみやシワの原因になります。糖化の原因は糖の過剰摂取や急激に体内の糖量が増えて処理しきれなくなること、肥満、運動不足、ストレス、過労、睡眠不足などが考えられます。

このような原因から、肌の真皮にあるハリと弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質に糖が結合して、「AGE(終末糖化産物)」という褐色の老化物質が蓄積。するとコラーゲンはハリや弾力を失い、黄ばみ、くすみなどの肌老化を起こします。それだけでなく、肌の基底層にある新しい細胞を生み出す線維芽細胞も「AGE」が増えるとダメージを受けて、数が減少してしまうのです。糖化を予防するために、体の中に糖が過剰にならないように甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意しましょう。食物繊維やビタミン、ミネラルなど体の抗酸化や老廃物の蓄積を防いでくれる食品を積極的に摂るようにします。また紫外線も皮膚のコラーゲンやエラステンを傷つけて、「AGE」をできやすくしてしまうので、日焼け予防も万全にすることをオススメします。

肌老化はなぜ加速するのか、原因をチェック!②

②乾燥
肌の乾燥はシワやたるみの大きな原因です。赤ちゃんのほっぺはハリと弾力がありますが、年齢を重ねていくと肌の内側から水分が失われ、シワやたるみになります。肌の乾燥には加齢も大きく関係しています。肌の水分量は10代に比べ30代は30%程度減ります。個人差もありますが、30代から小じわ、乾燥、ハリのなさなどの悩みが増えてくるのも、乾燥が影響しているからです。それもそのはず、体全体の水分量は赤ちやんでは体重の80%を占めていますが、成人で60%に減少し、70歳になると50%まで減ってしまいます。水分は体の流れを良くして、キレイな身体を維持するためには欠かせません。

血液という液体が血管を通じて酸素や栄養分を身体の隅々まで運んだり、リンパ液という液体がリンパ管を通って細胞にうるおいを届け、細胞を生み出すカをサポートします。さらにリンパ液に老廃物を混ぜて、最終的に汗や尿として体外に排出したり、体の中の水分量を調節して、体温を一定に保つなどの重要な働きをしているのです。加齢とともに肌にシワやたるみなどの老化が現れるのも、細胞に栄養や酸素が十分届かなかったり、細胞に汚れが溜まったり、体内の水分量が減少して細胞の機能が低下したりするからです。肌が乾燥するのは、肌表面の角層の細胞間を埋めている「細胞間脂質」が減少し、細胞の隙間から肌の水分が蒸発しやすくなってしまうのも一因です。肌の老化のサインであるシワやたるみなどを防いでくれるのも、角層内にある細胞間脂質になります。しかし細胞間脂質は30歳くらいから少しずつ分泌量が減り始めてしまいます。

●細胞間脂質の役割
・肌の角層内の水分やセラミドを保持する機能(肌のうるおいを保つ)
・皮膚を外部刺激(紫外線・化学物質・ウイルス・細菌・真菌など)から守るバリア機能(肌の健康を保つ)
・肌に必要な栄養成分を蓄える機能(肌の若々しさを保つ)
・油性成分と水性成分が交互に積み上げられ、しっかりと結びついて(ラメラ(層状)構造)肌表面のバリア機能を強化(肌のハリを保つ)シワやたるみが少なくて肌年齢が若い人は角層内の細胞間脂質の量が多いというデータもあり、細胞間脂質の量が肌年齢を左右すると言っても過言ではありません。

肌老化はなぜ加速するのか、原因をチェック!①

シミ、シワ、たるみ、くすみ、毛穴が五大老化サイン。このような老化を引き起こす根本的な原因は、主に紫外線、乾燥、血行不良、糖化、ホルモン不足にあるとされています。これら老化を加速させる原因の解説に入る前に、まずはチェックリストを確認して、自分の肌老化を加速させているものがどれなのかを把握してみるとよいでしょう。

①紫外線
シミ、シワ、たるみなど、肌老化の原因の約80%は紫外線と言われます。私たちの肌にダメージを与える紫外線はUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があります。UVBは波長が短く、肌表面の表皮にとどまって、赤茶色に肌を変色させて、シミやくすみなどの日焼けあとを残します。UVBは4月頃から強くなり、5~9月までの紫外線が特に強く、日焼けあとを残します。しかし肌老化を起こすのはUVBよりも、UVAなのです。UVAは紫外線の成分の95%を占めるため、「紫外線ダメージ=UVAによるダメージ」と考えても過言ではありません。

UVAは、曇りの日でも降り注いでいます。さらに窓ガラスも通り抜けて室内に侵入するパワーがあり、肌の奥にある真皮にまで入り込んで、肌のハリと弾力をキープする真皮のコラーゲンやエラスチンを傷つけ、ゆるんだゴムのように変化させて、肌の土台を壊してしまうのです。それだけでなく、真皮でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出してくれる大切な「線維芽細胞」にダメージを与え、大切な美肌を生み出す力も衰えさせ、線維芽細胞自体の数も減らしてしまうのです。

ページ移動